代表メッセージ

東京都出身。
高機能セラミックス製品との出会いから産業エンジニアの道を志し、工業大学を経て複数の企業で素材研究・製品開発に従事。
商社在職中にゼオライト膜脱水技術に出会い、「バイオエタノール」 案件をはじめ、様々なプロジェクトに関与した。商社の事業撤退に伴い、同僚の技術者たちと電気工業系の企業へ移籍。
「市場で求められているのはニーズと技術と市場のつなぎ役」 と感じ(株)SEPINOを設立。以来、ゼオライト膜脱水技術の普及と市場の創出に尽力している。

├ゼオライト膜脱水技術
分子レベルの分離を促す特殊な構造で混合物を “ふるい” にかけ、高効率・省エネルギーな脱水濃縮プロセスを実現する、ゼオライト膜脱水技術。技術が未来を拓くために存在するならば、人にやさしく、信頼に応えていけるものであるべきだ。関わる全ての人に夢をもたらすビジョン、そして型にはまらない発想に支えられ、株式会社SEPINO(セピーノ)代表取締役の井上宗士氏は、“人と社会を楽しませる技術” を提供している。

技術は人間の生活を豊かにするために開発されるもの。だから、人とのインターフェイスが非常に大切です。当社では、SEPINOという社名に 「separation (分離) 技術にinnovation (革新) を起こす」 という意味を持たせました。さらに、ロゴにはその形状で液体を扱う事業であるということと、ツートーンの色使いで、技術会社らしく結果にはっきり白黒をつける意志を表しています。つまり、当社は 「ゼオライト膜脱水技術と楽しく付き合う方法」 を一緒に考えていく会社だととらえていたただければと思いますね。

装置メーカー時代に技術提案営業や研究開発のアライアンス構築のための交渉などをやりまして、ビジネスを成立させるために一番大切なのはお客様との信頼関係を築くことだと確信していますから。そこは、独自技術や技術力の確立にこだわる大企業がかえって見落としている点かもしれませんね。これまで支えてくれたお客様の信頼に応える意味でも、ゼオライト市場のニーズとシーズを見つめ、新しい仕組みを提供し続けていきたいです。
ゼオライト膜の用途開発や新システムは結局、自分たちが楽しくて取り組んでいる側面もあります(笑)。10年前に取るに足らないと思った試案やデータが、10年後に突然リンクしてブレイクスルーに結びつくこともある。無駄なことは一切なく、発想次第や視点の違いで世界がどこまでも拡がっていくんです。それが楽しくて、止められなくなっているところがあります。

会社概要|代表メッセージ